アルバイトの方が採用されやすくなった!

ネットでアルバイトを探す時代

アルバイト情報サイト

バイトーク

1位 バイトーク

自分のライフスタイルに合わせた働き方を探せるアルバイト求人サイト。特に時給が高いバイトの募集などが分かりやすい。

バイトク公式 バイトク詳細

バイトル

2位 バイトル

常に7万件を超えるアルバイト求人が掲載されており、地域ごとに探しやすく、また個性的なバイトの募集も非常に豊富。

バイトル公式 バイトル詳細

ジョブセンス

3位 ジョブセンス

高校生OKのバイトや、短時間・短期間・高時給のアルバイトなどの求人が豊富なサイト。お祝い金が貰える点が嬉しい!

ジョブセンス公式 ジョブセンス詳細

採用されやすくなった?

◎ 日本経済との関係

近年、日本では正社員での雇用よりも、アルバイトやパートなどの非正規雇用での採用が圧倒的に多くなり、問題になっています。確かに正社員を望んでいる就職活動中の若者たちにとっては大問題ですが、ちょっとしたお小遣いを稼ぎたい学生たちや、空いている時間を利用して働きたい主婦の方たちにとっては、アルバイトが見つかりやすい、採用されやすい時代になっているわけです。既婚者、またはお子さんがいらっしゃることが絶対条件となっている<ヤクルトレディ>などは、特に子供が小さくて働きに出られないと悩んでいる女性たちの強い味方です。託児所を完備し、子供と一緒に出勤して、仕事が終わったら子供と一緒に帰ることができるというスタイルが、多くの女性たちから支持されています。

またシニア世代を積極的にアルバイト採用するようになっているのが飲食店です。社会経験が豊富なシニアの方たちは「働くことが大変であり、お給料をもらうことはもっと大変なことである」ということをしっかり理解しているため、少しのトラブルで休んだり、慌てたりしない点が評価されているようです。若者の場合はバイトできる時間が限られているからこそ、「効率よく稼ぎたい」と考えていることが多く、少しでも条件の良いアルバイトを常に探しているため、長続きしないケースが多いと言います。

どうせ若い人には勝てないとか、子供が小さいから働きに出られないなど、色々なことを最初から諦めてしまい、仕事を探すことすらしない……というのではなく、子供がいても働ける、熟年でも働けるアルバイトはたくさんあります。是非ネットを利用して、自分のライフスタイルや条件に合ったアルバイトを探してみてください。

ネットで求人募集を探す時代

◎ 今ドキのアルバイト探し

トップイメージ 就職活動やアルバイト探しというと、ハローワークに出かけたり、求人雑誌などを閲覧し、希望する企業や店舗へ電話をかけて面接のアポを取るのが一般的です。 確かに今でもほとんどはそういった形式で活動するのが普通ですが、最近ではインターネットの普及により、インターネットを使用したアルバイト探しも出来てしまいます。 全国どこの求人も自宅で閲覧することができるため、夏や冬になるとバカンス気分で観光地へアルバイトに行く働き方も、大学生を中心にかなり浸透しているようです。

勿論、アルバイトを探すだけでなく、就職活動を行うこともでき、例えばブログを書いている感覚でサイトにプロフィールを掲載し、募集のある企業とメールなどで面接の日を打ち合わせることも出来るようになっています。特に遠方の場合は、スカイプなどで面接を行うパターンも増え、昔よりも活動できる時間帯や範囲に縛られることがなくなったように思います。自分のブログや動画、フェイスブックをアピールの場として、採用してくれる企業を募集するという学生も登場しています。

多くの企業がネット求人サイトを利用しているため、雑誌よりもはるかに多くの求人が掲載されているだけでなく、何と言っても好みの業種や、近所の求人を探しやすい点もメリットの一つではないでしょうか。