玉の輿を狙って高望みしすぎる人は向いていない

婚活のための条件とは?

女性に人気の婚活サイト

1位

1位 ブライダルネット

国内で最大級の婚活サイト。1万組のカップルを誕生させた実績のあるサイトは、コミュニティや機能性も充実。

ブライダル公式 ブライダル詳細

2位

2位 Facebook【Omiai】

フェイスブックを活用して行う恋活サイトとして、数多くのメディアでも紹介。100万回超えのいいね!にも納得。

omiai公式 omiai詳細

3位

3位 youbride

85万人越えの会員数で、スマホアプリとしての機能も充実。フェイスブックIDでのログインも可能と使いやすい。

you公式 you詳細

婚活の条件

★ 相手に望むこと

婚活するためには 皆さんは婚活をテーマにしたドラマがあることをご存知ですか?婚活のドラマはいくつかあるのですが、今回はその中のひとつのドラマで取り上げられていた事例をご紹介します。 そのドラマのある回では、婚活を進めていた主人公が相手の顔を見ることなく、主人公の挙げた条件だけで相手に振られてしまうのです。

そう、この条件というのが婚活においてはしばしば重要な意味を持ってきます。婚活を始める際、みなさんは「こんな相手と出会いたい」「相手にはこんなことを求めている」といったものを考えていますよね。自分が提示している相手への条件、それはいくつありますか?きちんと明確になっているでしょうか?また、難しい条件を付けて高望みしすぎていないでしょうか?

現実を見よう!

★ 具体的な基準を知る

例えば、「年収1000万以上・首都圏在住・転勤なし・過去にモデル経験有・身長186cm以上」このような条件を見たとき、皆さんはどう思われますか?こんな相手いるわけない、婚活に向いていないと言う人もいるでしょうね。では、このような条件だとどうでしょう。「記念日には二人で美味しいものを食べる・休みの日はショッピング・雨の日は家で過ごす・買い物はなるべく一緒に行く・ある程度の料理はできる」なんだかふわっとしていませんか?一見クリアしやすそうな条件ですが、数字や明確な言葉がないために基準がわかりません。

結論としては、どちらも婚活をスムーズに進めることは難しい条件提示です。条件を具体的にするのは良いことですが、あまり贅沢を求めすぎてもいけません。婚活成功のために出す条件は、3つまでに絞ることが良いとされています。高学歴や高収入・有名企業役職といったものを優先させるのであれば、せめて容姿は問わない、といった具合です。 相手に求める条件が多すぎて絞れない、という人は、まずその条件を全て書き出してみると良いかもしれません。そこから1つずつ妥協してもいいと思える条件を削っていきます。それでも多い場合は「絶対に譲れない条件3つ+出来れば満たしておいて欲しい条件が何個」という風にしておくと、自分の中での整理もつきやすいでしょう。

ここまでは相手に対する条件についてでしたが、反対に「条件なんてない。自分を好きになってくれる人と出会いたい」という人も居るでしょう。そんな方は、自分のアピールポイントをしっかりと知っておきましょう。友達はもちろん、プロのカウンセラーの力を借りるのも良い手です。自分の良さをアピールし、自分の需要がある人へチャレンジしていくという姿勢は、少し就職活動と似ているかもしれませんね。