トップページ » 法人・個人事業主はリースが得!?

詳細法人・個人事業主はリースが得!?

よく、個人でもリースと購入ってどっちが得なのと聞かれることがありますが、単純に金銭的なことだけを言うと現金一括払いが一番です。 リースやローンではどうしても金利がかかってくるのでその分が余計な支払いとなるからです。
しかし、車は大きな買い物なので、ローンやリースを利用する方が大半です・・・。
それでは、購入する場合とリースする場合のそれぞれの優位性を見ていくので参考にしてください。

◆◆一括で購入する場合◆◆

有利な一括購入ですが、まとまった資金が必要になる。

<新車購入すると6年かけて償却>

原価 法人や個人事業主では、個人で購入する場合に加え、さらに税務上の制約が加わってくるので少々複雑になります。税法上、業務上必要な高額な買い物の場合は、利用する期間に応じて費用として計上します。 車はそれにあたります。法人や個人事業主の場合、通常、車は資産計上して法定耐用年数の6年で原価償却していかなくてはなりません。高額な支払いをしたのにその年に全額経費計上できないのです。
しかし、中古車の場合↓

<中古車は経過年数より更に耐用年数が短くなる>

但し、中古車を購入する場合は税務上のメリットが出てきます。中古車の場合、車の法定耐用年数6年に対し経過年数が増えれば次の計算式により(経過年数×0.2)の分多く耐用年数が短くなり原価償却されます。
◆中古車の耐用年数の算出
6年-経過年数+(経過年数×0.2)
原価2 よく中古車は4年落ちが得だといいますが、4年だと上記の計算式に当てはめると2.8年になりますがここで少数点は切り捨てることができるという約束ごとがあるので、一機に2年の耐用年数ということになります。 更に、税務署に定率法で届出していると定率法では2年の耐用年数でも計算上1年目で100%償却できるので全額その年に計上できるからです。

◆◆分割払いで購入する場合◆◆

資金繰りが容易で多くの方が利用。

<経費で計上できるのは金利のみ>

経理上、ローンであっても車は車両運搬具として資産として計上して上記のように原価償却していきます。
しかし、分割で支払っている金利だけは経費扱いできます。
「一括で購入する場合」と「ローンで購入する場合」とでは原価償却の部分ではほとんど同じで、トータルコストで差が出るのは、金利の部分ということになります。
※注意点特に、個人事業主で事業と個人で同じ車を使っている場合は、その使用頻度を算出して按分して計上する必要があるのでややこしく注意が必要です。

◆◆リースを利用する場合◆◆

そこで経理処理上で最も簡単なリースの説明をします。 リースは車両管理上のメリットが高く、ユーザーはリース料を毎月一定額を払うだけで、それを経費にするだけですみます。
経理上の処理はこれで終わりです!!。
リースのメリットが定額のリース料とガソリン代を払うだけなので、管理が楽で、毎年くる税金などの支払いもうっかり忘れてたなんてこともなくなります。 もう一つ、メカがあまり得意でない方や女性の方には整備上のメリットは非常にウエイトが高いといえるでしょう。 各社が展開している、定期点検、メンテナンスや車検、オイル、タイヤ、ブレーキ、など車両に関わる全てが入ったメンテナンスパックなどは利用者はただ乗るだけの お手軽なものがあるので魅力的だと思います。
ただし、こういった便利さと引き換えに契約期間終了後は新たにリースするか買い取るかしなくてはならない点が判断材料になります。新たにリースすればまた新車が乗れるのでうれしいですが、 買い取るとなると最初からローンで購入したほうが有利になります。

◆◆まとめ◆◆

結論として、金銭面では一括購入がお得です。
反面、ローンにしろ購入すれば所有者は自分で管理、メンテ、車検などすべて不規則な管理工数や管理面のコストがかかってきます。
リースであれば所有者がリース会社なので、複雑な経理上の処理や車両の管理をリース会社がします。
以上のことから、リースは管理コストで大きくメリットがあり、個人リースよりも法人や個人事業主のほうがメリット性が高いといえます。


トップバナー

個人向けおすすめカーリース

1位 スマートビークル

1位

ガソリンが10円/1Lの割引や洗車の優待、ロードサービスなど日本全国にあるサービスステーションの利点を活かしたサービスやスマートビークルだけにしかない車に関わる全てがコミコミになっているゴールドパックプランがとってもお得。
スマートビークル公式 スマートビークル詳細

2位 オリックス

2位

楽天のショップ・オブ・ザ・イヤーのジャンル大賞を4年連続で受賞している優良カーリース5年契約のいまのりくんが人気。契約後に自分の車になるいまのりセブンや中古車のリースがあるのも特徴です。

オリックス詳細

3位 新車選び.COM

3位

ナビやETCを標準装備として大量仕入れで低価格を狙ったカーリース。楽天ポイントとボーナスポイントでさらにお得感を出している。楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2015のジャンル大賞を受賞し高評価。

新車選び.COM詳細