好条件での転職を希望する場合、本人の能力も問われる

転職が出来る人、出来ない人がいる?

転職できる人と出来ない人

■ 自分の能力と条件

転職の可否 転職については出来る・出来ないも1つのポイントとなります。 例えば条件的に「自分にはこれ以上良い条件の企業に採用してもらうのが難しい」といった場合もあることでしょう。 「転職についてはなるべくしない方がいい」といった考えが今も根強く残っており、特に日本社会は転職について慎重なのが一般的です。

転職にあたり正社員狙いの人も多いことでしょう。正社員は福利厚生もしっかりしていますし、ボーナスが出るなど派遣社員やバイトとは明らかに待遇が異なっています。 このようなことから「なるべくなら正社員で」と考え転職活動される方が多いことと思います。 正社員の転職状況ですが、20代がもっとも盛んで大体35歳がピークといわれています。

これは男性主体の考えであり、女性の場合は30代になると正社員求人はぐんと減ると思って間違いありません。 男性については長く勤めることが前提となりますが、女性の場合は29歳が適齢期で結婚や出産を理由に退職しざるえない人も多いため、30歳前後になると「すぐにやめてしまうかもしれない」といったことは危惧しているケースがほとんどです。 企業側は当然そうしたことを危惧しており、その上で採用をどうするかといった判断をしていると思って間違いありません。

転職をサポートしてくれるサイト

1位

1位 リクナビNEXT

このサイトにしか掲載されていない求人情報が全体の80%以上を占めており、中途採用・転職にも非常に強い。

リクナビ公式 リクナビ詳細

2位

2位 DoDA

あなたの能力を見極め、活躍できる職場への転職を強力にサポートしてくれるシステムが大変充実している。

DODA公式 DODA詳細

3位

3位 マイナビ+Agent

業種・専門分野の知識や経験に長けたコンサルタントが多く、面接対策から入社後のフォローまで対応は万全。

マイナビ公式 マイナビ詳細

年齢・結婚との関係

■ 企業側の負担

結婚についてはもちろん喜ぶべきことです。しかしキャリアの面としてはダウンになってしまうことを否めません。 せっかく雇っても、家庭の事情を理由に休みが多い、残業が出来ないなど、企業側にとって協力的ではない人材である場合もありますし、女性の場合はすぐにやめてしまったり、産休などの対処に追われるようなら企業側にとってデメリットが大きいのは事実でもあります。 また、男性については35歳が転職限界説といったものがあります。35歳を過ぎたら管理職採用は若干ありますが、基本的には給金も高めで設定しなければならないことから、20代あるいは35歳以下の人を雇いたいといった考えが一般的です。 「人は年齢ではない」といった言葉もありますが、転職の世界では年齢は大きなキーポイントであり、それこそ30歳をすぎるとどんどん幅は狭められると考えて間違いありません。

ではどうしたらいいのかというと、転職したいなら20代後半を勝負と位置づけることです。社会人として仕事をし3年が経過したら、それこそ一刻も早いほうが有利といえます。 大手企業でもリストラのニュースが後をたちませんが、40代・50代は転職が非常に厳しく、まして正社員として転職できるのは、ごく一部の人となっています。大手企業の社員であっても年齢には勝てないのです。 「転職が出来るということ」について今一度考えてみてください。